出版物

米国の国外所得課税

amazonで購入

米国の国外所得課税

発行日 2011年6月15日
著者 G.C.ハフバウアー・A.アッサ
監訳者 清水哲之
訳者 清田幸弘・小野島真・仲地健・西迫一郎
発行所 有限会社五絃舎
価格 4,000円(税抜)
目次
まえがき
献辞
第1章 序論
世界経済における米国の役割:50年間の変化
米国における外国人保有資産
米国経済の国際化
ハイテクの隆盛
多国籍企業の本社
第2章 法人課税
歴史的背景
法人所得税の帰着
国際租税問題との関連性
第3章 国外所得に関する伝統的租税原則
資本輸出中立性
国家中立性
資本輸入中立性
租税の現実における資本輸出中立性および資本輸入中立性の理論
資本保有中立性
歳入面の考慮
今後の論争
第4章 ポートフォリオ投資所得に対する居住地国課税
ポートフォリオの台頭
ポートフォリオ所得への資本輸出中立性の適用
ポートフォリオ所得に対する居住地国のみの課税
租税回避に対する協力
有害な租税競争に対するOECDプロジェクト
米国愛国者法と反マネーロンダリング イニシアチブ
勧告
第5章 世界経済における多国籍企業
戦略的議論
経常利益と本社コストのモデル
規制政策と国家の繁栄
租税の政策的含意
第6章 穏健な改革への議論:属地主義的(テリトリアルな)制度
属地主義的(テリトリアルな)制度
濫用防止規定
租税条約の政策
歳入へのインプリケーション
補遺
A.1 米国法人の米国所得課税の歴史(製品輸出所得を除く)
A.2 米国の外国税額控除限度額の歴史
A.3 米国の被支配外国法人の課税繰延の歴史
A.4 米国の製品輸出所得課税の歴史
A.5 米国で事業を営む外国法人への米国課税の歴史
A.6 1986年税制改革法以前の所得源泉ルールの歴史
A.7 1986年税制改革法前後の所得源泉ルールの比較
A.8 1986年税制改革法前後の経費配分ルールの比較
A.9 米国法人と関連外国法人間の企業間価格決定ルールの歴史
B  法人所得税を減らすための方法
C.1 世界的ポートフォリオ資本のフローに関する単純モデル
C.2 ポートフォリオ資本への暫定的課税
C.3 予備的源泉税の還付条件
D  単純な不完全競争の経済学
E  電子商取引
F  米国への外国投資からの歳入

無料相談は各事務所で実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • ランドマーク税理士法人の9つの強み
  • 今から安心 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 生前対策をお考えの方
  • 相続が発生された方
  • 相続税申告が終わった方へ
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • 新CM制作しました。由美かおるさんが出演!
  • 日経CNBC「プロに聞く 円満相続・賢く節税」の特別編
  • メディア取材のご依頼
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破『お金持ちはどうやって資産を残しているのか?』代表税理士:清田幸弘 著
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介