相続対策10万円パック

相続税対策10万円パック

相続税の大増税時代に向けて、今からご一緒に節税対策、相続対策を行いませんか?将来、相続税の申告が発生した場合、相続税申告報酬額より10万円をお値引きさせていただきますので、大変お得です。

相続税の試算を致します!

お客様の土地や預貯金などの保有資産から相続税の試算をします。相続税がどのくらいかかるのか把握することで、具体的な相続対策(節税対策、納税資金の確保、争族対策)を検討することができます。
生前対策の提案
生前贈与や不動産、生命保険の活用など、お客様のご家庭の状況に合った生前対策をご提案します。早くから財産移転することで、将来課される相続税を減らすことができます。
二次相続の試算(※1)
将来発生する配偶者の相続(二次相続)まで考慮した相続税試算を行います。一次・二次相続のトータルの相続税額を抑えるには、配偶者にどのくらい財産を引き継げば良いのかがわかります。
公正証書遺言の作成助言
遺留分を考慮した遺言についても、試算結果からアドバイスをいたします。遺産をめぐって家族間で争いが生じないように、ご自身の意思を伝えることができます。
(※1)二次相続とは
一方の親が亡くなった時の最初の相続を一次相続、その後もう一方の親が亡くなった時の相続を二次相続という。男女の寿命差から父親が亡くなった時が一次、その後母親が亡くなった時が二次と言うケースが一般的。
(※2)公正証書遺言とは
法部大臣から任命された法文書作成のプロである「公証人」が遺言者から遺言の趣旨の口述をもとに遺言書を作成し、その遺言書の原本を公証人が保管するという最も「安全」「確実」な遺言書。

「うちはどれくらい相続税がかかるのだろう?」という不安をお持ちの方へ

特徴
「相続税はいくらかかるのか?」「家族間の争いにならないのか?」
そのような心配事は、あらかじめ対策を立てることで解消することが出来ます。
私たちがお手伝いをしている相続の問題は多岐にわたります。
相続問題に精通し、豊富な実績のある専門家が、お一人おひとりに合わせたご提案をいたします。

相談受付専用フリーダイヤル 0120-48-7271
「相続対策パック」100,000円
ご利用の流れ
お問い合わせご面談(※1)ご契約(※2)相続税の試算対策のご提案対策の実行無料の範囲10万円パックの範囲別途報酬規定による
※1
相続税がかかるかどうか、ご面談の場で判断いたします。かからない場合は他サービスもご案内させていただきます。判断するにあたって必要な物は、固定資産税課税明細書(名寄帳)、金融資産(預貯金、有価証券)の総額、その他財産の総額、債務の総額(借入等)等の資料をお持ちください。
※2
所得税確定申告書(法人税申告書があれば尚良)、認印をお持ちください。
【将来、相続税申告をされる際は、相続税申告報酬額より10万円お値引きさせていただきます。】
報酬に含まれない費用
◇土地の公図・測量図、土地・建物の謄本(平均1万円程度)
※土地(利用区分ごと)が5か所以上の場合は、別途お見積りいたします。
◇生前対策を実行する場合の報酬
◇弊社以外の場所で面談を行う際の日当、交通費
※土地(利用区分ごと)が5か所以上の場合は、別途お見積りいたします。
ご利用事例
早い対応と分りやすい説明に助けられました!相続税に漠然とした不安を持っていた中、知人から紹介され、貴法人に電話をしました。対応が早く、丁寧に説明して下さったことが印象的でした。また、生前対策では我が家の事情を色々と考慮してくださったので、非常に助かりました。
(横浜市 R様)
家族で話し合いができました!
以前から相続について不安に思っていましたが、家族で話し合いの場を持てずにいました。そもそも財産がいくらあるのか、相続税がいくらかるのかも分かっていなかったため話し合いの土台がありませんでした。我が家では10万円パックをきっかけに生前に話し合うことができました。
(町田市 Y様)

初回の完全無料相談は各事務所で実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 
(土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • ランドマーク税理士法人の9つの強み
  • 今から安心 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 生前対策をお考えの方
  • 相続が発生された方
  • 相続税申告が終わった方へ
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • メディア取材のご依頼
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破『お金持ちはどうやって資産を残しているのか?』代表税理士:清田幸弘 著
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介