JA共済Hot Infomation

2013.4月号

【 2013.4月号 】

日本の農業を税制がサポート!「農地にかかる相続税の納付を猶予する特例」

農業経営を営んでいた父が亡くなったため、相続税の申告をすることとなりました。農地については長男である私が相続することとなっています。納税猶予の特例を利用するために必要となる要件はどのようなものでしょうか?

農地等の納税猶予の特例は、農業経営を継続するための猶予制度です。そのため、その農地で引き続き農業を営むというのが要件としては必須になります。
譲渡や農地以外への転用、農業経営の廃止など、農業を営まなくなった場合には、利子税とともに相続税を納付しなければならなくなるのでご注意下さい。

 

1.どれだけ猶予されるのか

農業投資価格 (注1)を超える部分に対応する相続税が猶予されます。
(注1) 農業投資価格とは農業の用に供すべく農地として取引きされる場合に
        通常認められる価格のことです。国税庁のHPで確認することができます。

<具体例>
(1)相続人は実施である甲、乙の2人です。
(2)納税猶予の特例の適用を受けるための用件はすべて満たしています。
     税額控除はありません。
(3)相続財産の相続税評価額及び農業投資価格は以下のとおりです。

  農地以外の財産 農地
相続税評価額 相続税評価額 農業投資価格による価額
1,000万円 8,000万円 1,000万円
6,000万円

つまり、甲の相続した農地について納税猶予を行うことで、1,100万円の税金を猶予できます。

 

2.いつまで猶予されるのか

次の1~3のいずれか早い日(納税猶予期限)まで猶予されます。また猶予された相続税は原則として免除されます。

 

3.分割協議を調えることと農業継続が必須の要件

納税猶予の適用を受けようとする相続人は、相続発生後10ヶ月以内に税務署長に期限内申告書と所定の添付書類を提出し、担保を提供する必要があります。
また、この特例の適用を受けるには、相続税の申告書の提出期限までにその農地等を取得し、かつ、農業経営を開始するなどの要件を満たす必要があります。そのため、申告書をただ提出すればいいというものではなく、遺産分割が調わなければ適用対象外とされてしまいます。
当然、相続後も適用要件を満たし続けなければならないので、譲渡や農地以外への転用、または農業経営の廃止等の理由で農業を営まなくなった場合には、利子税とともに相続税を納付しなければなりません。

 

4.特例の対象となる農地等

 

関連リンク

>> ご相談プランのご案内へ

>> JA共済 Hot Infomation一覧へ

無料相談は各事務所で実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイアル:0120-48-7271

(平 日)9時00分~19時00分 (土 曜)9時00分~18時00分
(日・祝)10時00分~17時00分 ※一部例外日あり

  • ランドマーク税理士法人の9つの強み
  • 今から安心 生前対策10万円パック
  • 事業継承対策30万円パック
  • 生前対策をお考えの方
  • 相続が発生された方
  • 相続税申告が終わった方へ
  • 株式会社ランドマーク 不動産鑑定
  • 新CM制作しました。由美かおるさんが出演!
  • 日経CNBC「プロに聞く 円満相続・賢く節税」の特別編
  • メディア取材のご依頼
  • TBS系列『時事放談』~ワイドショー政治を叱る~テレビCM放送中【OA】日曜6:00~6:45
  • 累計2万6,000部突破『お金持ちはどうやって資産を残しているのか?』代表税理士:清田幸弘 著
  • テレビCM放映中
  • 日本経済新聞 日経MOOK記事紹介